災害義援金チャリティー大会 フェニックスオープン

義援金関西分につきまして

関西フェニックスオープンにご協力頂いた皆様、まことにありがとうございます。

今回集まりました義援金は、宮城県気仙沼市役所に届けて参りました。

気仙沼駅に着くと、反対側のホームにバスが停まっているのが見えました。

気仙沼より先の鉄道の復旧は困難なため、代わりにバスが運行しているのです。

町をぐるっと一周してみると、津波のきた場所や被害にあった建物などを見ることができました。

現在でも、約1万人の方々が仮設住宅で生活を送っているそうです。
瓦礫の回収作業は半年前にやっと終わり、港も復旧してきましたが、周りはまだ人の住めない更地の状態でした。

気仙沼の名物はホヤとフカヒレで、ホヤぼーやがイメージキャラクターです。

気仙沼は、とてものどかでやさしい町でした。
私の取材に答えて下さった市役所の方やバスの運転手さん、登下校中の学生さ ん、みんなとても温かい人たちばかりでした。

気仙沼では、震災前は関わりの薄かった企業や地元の市民が、一丸となり力を合わせて復興に取り組んでいます。
皆様も、やさしい町気仙沼の応援を、これからもよろしくお願いします。

 

 

フェニックスオープン実行委員長 杉村えみ

フェニックスオープンin関西 開催報告

杉村えみ関西フェニックスオープンに沢山の方々に参加して頂き、
本当にありがとうございました。
義援金の総額は、267,899円が集まりました。
お預かりしました義援金は、今回は7月に気仙沼に届けさせて頂きます!

優勝は、吉田俊介プロ・松浦裕充プロでした!
(二人には大会のあと募金をすごく沢山いただきました!)

今年も、関西の皆さんのチームワークには本当に感動しました。
沢山の方々に支えられて、今回もフェニックスオープンを無事に開催することが出来ました。
大会もオークションもとても盛り上がって、
関西の人たちに会うといつも、皆さんの暖かさに勇気づけられます。

関西フェニックスオープンにご協力くださった皆さん、本当にありがとうございました\(^_^)/

日本プロ麻雀協会 杉村えみ

 

3月23日(日)フェニックスオープンin関西 開催!!

杉村えみ皆さまこんにちは。フェニックスオープン実行委員長の杉村えみです。
災害義援金チャリティーとしてのこの大会も、皆さまのご協力のお陰でこうして続けることができています。本当にありがとうございます。

さて、この冬は各地で大雪による被害が出ていますよね。
集落の孤立や交通機関の混乱など、多くの方々がたいへんな思いをされたことだと思います。
そんな中、私は心が温まるこんなお話を耳にしました。

雪で閉ざされた中央自動車道の談合坂SA。
立ち往生を余儀なくされた多くのドライバーがいらっしゃいましたが、SAの複数のテナントが、無償で食事を振舞ってくれたそうです。
そして、居合わせた山崎製パンのトラックの運転手さんも、積荷にあったパンを「好きなだけ持ってってよ!」とみんなに配ったそうです。
この出来事はツイッターでたくさんの方にRTされたので、ご存知の方も多いでしょう。

私は、この思いやりのある日本人らしい温かい行動が、とても嬉しく感じました。
そして、天災などで困難な状況にあったときに、みんながこうして助け合いの気持ちを持つのがどんなに大切なことか、私も思い出すことができました。

私たちはこれからも、困っている方々のために出来ることをやっていきたいと思います。
皆さまのご理解とご協力、そして温かいご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

>>参加申し込みはこちら

日本プロ麻雀協会 杉村えみ

フェニックスオープン関西・報告

石巻市役所に、フェニックスオープンin関西の義援金を届けてきました(*^_^*)



皆さま、ご協力本当にありがとうございました。

 

 

 

 

こちらが義援金の受領証になります。



今回は市役所の震災復興部の方に、石巻市の復興活動についてのお話を詳しく聞かせて頂きました。

 



石巻市の被害の大きさ、現在の復興状況、これからの展望など、東京にいては決して知りえなかった震災の現実を学ぶことができました。今も石巻市には仮設住宅で暮らす方々がいて、街にはたくさんの瓦礫が残っています。

 


「がんばろう!石巻」をスローガンに、石巻市では多くの人々が復興に向けて尽力されています。

被災された方々に対し、私たちができることは本当に小さいものですが、石巻市の明るい未来のために、少しでも力になれることを願ってやみません。

石巻市の義援金及び寄付金の受付についてのHPはこちらです。
http://www.city.ishinomaki.lg.jp/cont/10151000/7230/7230.html

最後に、石巻市役所の震災復興部よりメッセージです。

「石巻市の産業は震災で大きな影響を受け、住民の雇用がすごく減っています。石巻には、鯨や茂洋牛、宮城米やトマトなど美味しいものがたくさんあります。わざわざ石巻までご足労を賜らなくとも、皆さんにこれら石巻の名産を召し上がって頂くことで、私たちの産業は活性化し、雇用も復活することができます。皆さんの身の回りで、石巻の美味しい食べ物を目にする機会がありましたら、ぜひご賞味下さいませ。どうかよろしくお願いします」

みなさんどうかよろしくお願いします!
金華山沖の海の幸、石巻やきそばなどなど・・・石巻の名産を、みんなでいただきましょう!(^o^)

 

日本プロ麻雀協会 杉村えみ

『フェニックスオープンin関西』レポート

杉村えみ フェニックスオープンin関西に行って来ました。
まず、事前告知でツイッターやブログで宣伝に協力してくれた皆さん本当にありがとうございました。皆さんのお陰で予定より沢山の方が参加してくれました。

3月20日(祝水)フェニックスオープンin関西
全体の義援金256,725円が集まりました。

優勝 美影 あや
準優勝 西園寺 あにめ
三位 すみとしさん
四位 関谷 裕次さん
おめでとうございます(〃^ー^〃)

今回の義援金は宮城県の被災地を訪問して直接届ける予定です。

日本プロ麻雀協会 杉村えみ


フェニックスオープン in 関西 開催決定!!

フェニックスオープン実行委員長の杉村えみです。
日本プロ麻雀協会は、震災復興支援麻雀大会を開催しています。
このたび、関西でもフェニックスオープンを開催できることになりました。
震災後、協会で最初に開催されたチャリティー麻雀大会は、関西でおこなわれたものでした。
東日本大震災が起きたとき、阪神の震災を経験していた関西の選手たちはすぐに行動を起こして、関西の麻雀ファンの皆さんのご協力のもと、被災地に義援金を送らせて頂くことができました。
フェニックスオープンは、そんな関西の方々の暖かい気持ちに触発されて生まれたのです。
今回改めて、「フェニックスオープンin関西」として開催されます。

東日本大震災から2年になります。
被災地の復興は日々進んでいますが、月日の経過と共に、私たち自身もあの忌まわしい記憶が薄れつつあるかもしれません。
助け合う、という気持ちを持ち続けるのは、たいへん難しいことだと思います。
それぞれの抱える毎日の生活や仕事に忙殺され、失われていくこともあるでしょう。
それでも、このフェニックスオープンを通して、震災が起きたときに皆様が感じたあのやり切れない思い、誰かを助けたいという暖かい気持ちを、また思い出していただけたらなあ、と思います。

麻雀を大好きでいてくれる、私にとって大切な麻雀ファンの皆さん。
今なお避難生活を余儀なくされている方々、崩壊した故郷を建て直すために尽力されている方々、
かけがえのない人を失った悲しみから立ち上がろうとしている方々のために。
どうかまた、私たちと一緒にフェニックスオープンに参加していただけませんか。
心から、お願い申し上げます。

そのツモが、私達の一歩です!

皆さんが真剣に、また、楽しく麻雀を打つことで、被災した方々への援助が出来れば、麻雀を愛する私達としてはこんなに嬉しいことはありません。 自然の脅威に対して私達は本当に無力です。でも、一人一人が出来ることを見つけて力を合わせていけば、少しずつでも、一歩一歩でも、前へ進めるようになると思います。

日本プロ麻雀協会 杉村えみ

参加プロ

杉村えみ・五十嵐毅・鈴木たろう・上田唯・松嶋桃・山田千明 他

会場

ブッキング青葉

チャリティーオークションの開催

大会の後はチャリティーフリーも開催(こちらだけの参加も可能)

>>参加申し込みはこちら

第6回フェニックスオープン

【日程】
・7月23日(土) 予選大会
会場:銀座「柳本店」

[午前の部] 11時開始

14時半〜
チャリティーオークション

[午後の部] 15時半開始

・7月24日(日) 決勝大会
会場:銀座「柳本店」

11時開始

※両日とも会場にて
「バザーコーナー」を開設致します

copyright©2014 日本プロ麻雀協会 All Right Reserved.