災害義援金チャリティー大会 フェニックスオープン

第6回フェニックスオープン義援金受領書

熊本県から義援金の受領書が届きましたので、ご報告致します。

フェニックスOPにご協力ご参加ご支援頂いた皆さま、
改めて御礼申し上げます。

 

熊本県に直接義援金を届ける予定でしたが
直接私が熊本県に足を運べるのが遅くなってしまうので…

少しでも早く被災地の方々に届けられるようにと考え
今年は先に義援金を振込致しました。

 

また熊本の被災地の様子などは
改めてお伝えしたいと思います。

 

よろしくお願いしますm(__)m

 

義援金受領書

フェニックスオープンの義援金の受領書が
届きましたのでご報告いたします。

たくさんの方の支えがあって
毎年フェニックスオープンが開催されています。
温かい気持ちをいつもありがとう。

誰かのために…というよりは
多分、誰かに必要としてほしいという気持ちが私を動かしてくれている気がします。

誰にも必要とされなかったり
忘れられてしまうって寂しいよね。

きっと震災にあった方々も、それが一番悲しいのでは?と思います。

応援の手紙やお礼の手紙を貰ってとても嬉しかったです。

 

9/22よりモンドTVにて1週間、
大会の様子やフェニックスオープンの義援金について放送されますので
ぜひご覧ください。

 

義援金関東分につきまして

福島県より寄附金の受領書が届きましたのでご報告致します。

ご協力を頂いた皆さま、ありがとうございました。

福島県では現在も寄附金の募集を行っております。

東日本大震災による震災孤児等への支援のための寄附口座
「東日本大震災ふくしまこども寄附金」について
(HPはこちら)
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21035a/kifu.html

当会では今後もフェニックスOPだけでなく、
災害義援金チャリティーを続けていく所存でございます。

これからも皆さまよりご支援賜りますよう
お願い申し上げます。

義援金関西分につきまして

関西フェニックスオープンにご協力頂いた皆様、まことにありがとうございます。

今回集まりました義援金は、宮城県気仙沼市役所に届けて参りました。

気仙沼駅に着くと、反対側のホームにバスが停まっているのが見えました。

気仙沼より先の鉄道の復旧は困難なため、代わりにバスが運行しているのです。

町をぐるっと一周してみると、津波のきた場所や被害にあった建物などを見ることができました。

現在でも、約1万人の方々が仮設住宅で生活を送っているそうです。
瓦礫の回収作業は半年前にやっと終わり、港も復旧してきましたが、周りはまだ人の住めない更地の状態でした。

気仙沼の名物はホヤとフカヒレで、ホヤぼーやがイメージキャラクターです。

気仙沼は、とてものどかでやさしい町でした。
私の取材に答えて下さった市役所の方やバスの運転手さん、登下校中の学生さ ん、みんなとても温かい人たちばかりでした。

気仙沼では、震災前は関わりの薄かった企業や地元の市民が、一丸となり力を合わせて復興に取り組んでいます。
皆様も、やさしい町気仙沼の応援を、これからもよろしくお願いします。

 

 

フェニックスオープン実行委員長 杉村えみ

第4回フェニックスオープンご報告

第4回フェニックスオープンにご協力いただきました皆さま、
本当にありがとうございました。
優勝は丸江茂さんでした。おめでとうございます!!

私は毎年フェニックスオープンで、人と人の温かさをすごく感じています。
麻雀で勝った方も負けた方も、参加して良かったな、
と全員に思っていだだけるような大会を目指して、
これからもみんなで力を合わせて取り組んで行きたいと思います。

私は、一年でいちばん麻雀が大好き!人が大好き!
と思える日がフェニックスオープンです。

麻雀は苦しいときももちろんあるけれど、本当に素敵なものだなぁって思います。

フェニックスオープンにご協力して下さったたくさんの方々、
本当にありがとうございました。

参加・協力してくれた全ての皆さまが「チームフェニックス☆」です!
これからもよろしくお願いします。

 

 

 

フェニックスオープン実行委員長 杉村えみ

フェニックスオープンin関西 開催報告

杉村えみ関西フェニックスオープンに沢山の方々に参加して頂き、
本当にありがとうございました。
義援金の総額は、267,899円が集まりました。
お預かりしました義援金は、今回は7月に気仙沼に届けさせて頂きます!

優勝は、吉田俊介プロ・松浦裕充プロでした!
(二人には大会のあと募金をすごく沢山いただきました!)

今年も、関西の皆さんのチームワークには本当に感動しました。
沢山の方々に支えられて、今回もフェニックスオープンを無事に開催することが出来ました。
大会もオークションもとても盛り上がって、
関西の人たちに会うといつも、皆さんの暖かさに勇気づけられます。

関西フェニックスオープンにご協力くださった皆さん、本当にありがとうございました\(^_^)/

日本プロ麻雀協会 杉村えみ

 

義援金につきまして

陸前高田市より義援金の領収書が届きましたのでご報告致します。

ご協力を頂いた皆さま、ありがとうございました。

陸前高田市では現在も義援金の募集を行っております。

(陸前高田市役所のHPはこちら)
http://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/

当会では今後もフェニックスOPだけでなく、
災害義援金チャリティーを続けていく所存でございます。

これからも皆さまよりご支援賜りますよう
お願い申し上げます。

第3回フェニックスオープン報告

皆さまのご協力により、
第3回フェニックスオープンを無事開催することができました。
優勝は、日本プロ麻雀協会の大崎初音プロでした。

今回の大会は、7月27日の予選に午前の部72名、
午後の部52名の参加を頂き、
翌 28日に決勝大会を行いました。

二日間皆さんの麻雀を観戦していて、本当に胸が熱くなるのを感じました。

今年の義援金の合計は、564,077円となりました。

皆さんの真剣な麻雀で、こうして今年もたくさんの義援金が集まりましたこと、
本当に嬉しく感じます。

皆さまの温かいご支援、ご協力に心より御礼申し上げます。

これからも、皆さまと共に目標に向かって一丸となって頑張れるような、
楽しい大会を作って盛り上げていきたいと思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

フェニックスオープン実行委員長 杉村えみ

フェニックスオープン義援金

去る8月20日につくば市に行って参りました。

つくば市では5月に発生した竜巻により大きな被害がありました。
まずは皆さまからお預かりしている義援金を寄付しに市役所に伺いました。

 

市役所の駐車場では、野菜や果物が販売されてました。
我々もスイカや梨を購入(試食しておいしかった上にとにかく安い)。

 

 

そして、市役所に入ると大きなキャラクターを発見。
フクロウ?のような姿ですが、こちらはつくば市のシンボルキャラクターで
名前はツクツク。

 

 

 

 

遊んでいるばかりではありませんので、義援金を寄付した写真も。


 

 

 

 

 

 

今回被害が大きかった北条地区にも足をのばしてみました。

ニュースで見た震災直後の状況からは修復されていましたが、まだ瓦の飛んだままの
家屋があったり、竜巻の爪痕が所々見られました。

さて、つくばといえば1985年に科学万博が開かれたことで皆さまご存知
かと思われますが、現在は、つくばエキスポセンターで科学万博の模様を見学することができます。
科学万博に行った方には、ぜひこのエキスポセンターにも行ってみて頂きたいと思いました。


災害はできれば起きてほしくはないものですが、自然の力には我々は
どうすることもできません。これからも災害等で被害に見舞われた地域に
微力ながら貢献していけるよう、活動を続けていく所存でございます。

つくば市HP(こちらで義援金の受付等が掲載されています)
http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp

優勝は日本プロ麻雀協会の藤原 哲史!

杉村えみ 7月29日、決勝大会が行われました。

今年はこの決勝大会1日で優勝まで決まる方式。
参加48名が3回戦終了後に28名にしぼられてくると、28日のお祭りムードとは異なり、会場内はちょっと緊迫感も漂っていました。

ゲストの片山まさゆき先生、五十嵐毅当会代表、大崎初音女流雀王らが28名に残りましたが、皆準決勝までに敗退。
優勝は唯一プロで勝ち残ってきた藤原哲史でした。

>>決勝観戦記はこちら

最後に、今大会では359,065円の義援金が集まりました。
本年は竜巻による災害に見舞われたつくば市に伺うことにしております。後日あらためて、そのご報告をいたします。

第7回フェニックスオープン

【日程】
・7月22日(土) 予選大会
会場:銀座「柳本店」

[午前の部] 11時開始

14時半〜
チャリティーオークション

[午後の部] 15時半開始

・7月23日(日) 決勝大会
会場:銀座「柳本店」

11時開始

※両日とも会場にて
「バザーコーナー」を開設致します

copyright©2014 日本プロ麻雀協会 All Right Reserved.